FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小さい秋見つけた!
- 2012/10/28(Sun) -
北方博物館の「小さな秋」をひろってみました。
博物館の入口近くには銀木犀の大きな木があり、いい匂いが漂っています。

北方秋2
  中門近くのススキ。

北方秋3
  コケの上の落ち葉・・・きれいな色です。

北方秋4

                                        秋北方1
コットンショール 
 展示会場の新製品のコットンショールです。パステルカラー調の色合いです。
 これからの寒い季節にいかがですか?
 このコットンショールは、サンダース織物学校のキンさん手織りです。


スポンサーサイト
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミャンマー工芸展 2012 秋 北方文化博物館より 
- 2012/10/26(Fri) -
    今回の北方文化博物館のミャンマー工芸展では、工芸品のほか
     ミャンマーの民族衣装などが、数点展示してあります。


        これは、シャン族の上着です。 
        藍染仕上げで、軽やかな着心地の上着、長袖ですが薄手の生地です。
        製作者は涼しい気候に住んでいる民族のようです。
                   

         シャン族上着 
                                   不思議なデザインです。
                                   サイズはかなり小さいです。




        次の4点ははチン族の上着と、ブランケットです。
        
        まず、1点目は、チン族らしい藍染素材に赤い模様を織りこんだ、凝った生地です。
        厚手で高地の寒い土地在住の民族と推測されます。
                 
         チン族デザイン上着 
                   とても鮮やかできれいな赤い色です。
                   模様はパッチワークみたいに見えます。


         

         2点目は、2枚の生地を単純に合わせ、ポンチョ風に仕上げた上着です。
         飾りに小さな貝をたくさん使っていますが、
         これは海から遠く離れた土地の衣類。陸生貝でしょうか?

         チン族上着2 
                             腕と頭が出るようにして縫っただけの
                             直線仕様のシンプルで素朴な衣装です。



                 
         3点目は、たいへんに凝った織模様の厚手の生地を使っています。
         やはり寒い地区で制作されたものと思われます。

         チン族上着3 
                とてもていねいに時間をかけて織り込んだものだと想像できます。
                これもサイズはかなり小さいです。
                
         

         チン州は中国、インドに接し4000mの山もあります。
         冬はかなり寒くなりますので、厚手のブランケットは必需品なのでしょう。
         2種類ありますが、これらにもかなり凝った織模様が施されています。

           ブランケット
        タペストリーや敷物、ソファーに掛けたりしたら、なかなか素敵です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミャンマー工芸展 2012 秋 北方文化博物館
- 2012/10/23(Tue) -
暑かった夏、終わらないかと思えた夏が終わり、秋が深まって来ました。
そんな中
恒例のミャンマー工芸展が始まりました。
北方博物館内の紅葉はもうちょっと先ですが
きんもくせいの香りや、風に揺れるすすきが
秋を感じさせてくれています。
        
                           いつもの屋根裏で開催しています。
                      工芸展1
                           
                      工芸展2

                           ひすいのブレスレットやペンダントが
                           以前にも増して、素敵になりました。
                           いい色です。
                      工芸展3

                           今回はカトラリーが充実しています。
                           太いお箸が登場しました。
                           ちょっと笑ってしまいますよ!
                      工芸展4



  今回は、
  展示スペースをもうひとつ増やしました。
  ステージ脇にあります。
  工芸展5

  こちらもぜひご覧ください。
  工芸展6

  
  秋のミャンマー工芸展は10月30日までです。
この記事のURL | 活動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Saunders Weaving School
- 2012/10/03(Wed) -
サンダース織物学校 サウンダー織物学校
ミャンマー中部・マンダレー市は古都で同国で第2の都市です。
そこに1914年開校のサウンダー織物学校があります。
カイさん 手織りシルク  
  カイさん                      キンさん

この記事のURL | 活動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オーガニック・コットン
- 2012/10/02(Tue) -
綿の花 コットンの花
コットン花  コットン
ミャンマー中部・マンダレー地区は昔からコットン産業が盛んです。
化学肥料、殺虫剤には無縁の農家が多いのですが、それを検証できず
無農薬栽培の価値を生かせませんでした。
 そこで、ミャンマー政府と連携して現地でも管理できるシンプルな無農薬の管理体制を作り、
それで得られたコットンで、草木染・手織りのコットンショールをミャンマーの一村一品
製品として開発しました。

綿摘み  綿摘み

その後、ミャンマーのNGO団体と提携して、現地でオーガニック・コットン栽培組合を発足し、
国際認証のオーガニック・コットンを目指しています。

糸紡ぎ  手紡ぎ
手織り  手織り

素朴さを求めて、「手紡糸・草木染・手織」です。




この記事のURL | 活動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。